証券コード:8987

文字サイズ

1.優良なスポンサー

ジャパンエクセレント投資法人は、その資産運用を資産運用会社であるジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社に委託しています。

不動産投資信託であるJリートの運営には不動産・金融分野双方のノウハウが欠かせません。 投資法人と資産運用会社は、利益相反に細心の注意を払いながら、資産運用会社の持つノウハウを最大限に活用することで、投資主価値の最大化を目指します。

ジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社は、開発・投資から仲介・運用・賃貸管理まで不動産に関連する業務を広く手掛けるスポンサー企業と、金融に関連する幅広いノウハウを持つスポンサー企業より出資を受けております。また、コアスポンサー(新日鉄興和不動産株式会社、第一生命保険株式会社)、株式会社みずほ銀行及びみずほ信託銀行株式会社から人材の提供を受け、それぞれの専門分野のノウハウを結集させ、ジャパンエクセレント投資法人の資産運用に活かしております。

不動産・金融の両面に強みを持つスポンサー企業の総合力を活用・結集

オフィスビルの開発・投資・運用等に実績を持つコアスポンサー

新日鉄興和不動産株式会社

「品川インターシティ」(注)、「赤坂インターシティ」に代表される大規模複合開発や、最先端の機能を備えたオフィスビルの建設・維持・管理までの総合的な事業を展開している総合不動産会社です。現在、東京都心部等にてオフィスビルを保有・運用しており、また、新日鉄興和不動産グループの総合力を活かした不動産保有者向けサポート事業として、不動産の資産価値向上のためのプロパティ・マネジメントに関する様々なサポート業務も提供しています。

第一生命保険相互会社

「晴海トリトンスクエア」(注)、「大森ベルポート」等、数多くのオフィスビル開発実績を有する同社は、長年の不動産運用に基づくリスク管理を始めとしたノウハウと、資産運用における深い金融ノウハウを有します。

(注)
ジャパンエクセレント投資法人の運用不動産以外の物件であり、現時点においてジャパンエクセレント投資法人が当該物件を取得する予定はありません。

資産運用会社であるジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社は、スポンサー企業のそれぞれの専門分野のノウハウを結集して、ジャパンエクセレント投資法人の外部成長と内部成長の実現を目指します。

外部成長とは、物件の取得等による収益向上の手法です。市場環境や物件情報を適切に把握しながら、安定的に物件を取得できることが大きなポイントとなります。

そのためスポンサー企業によるバックアップ体制を活用することで、物件情報の提供をいち早く受けることや、パイプラインサポート契約に基づいた市場での不必要な競争を避けて適切な価格での物件取得を行うことが重要となります。いち早く情報提供を受けることができることは、素早い意思決定を可能にする上でも重要な要素です。

ジャパンエクセレント投資法人は、リスク分散、収益拡大、スケールメリットの享受等の観点から、運用不動産の拡大に前向きに取り組むことを方針としています。

具体的には、スポンサー企業からの拠出物件を軸に安定収益を確保しながら成長を目指しますが、同時にスポンサー企業からの出向等による高い専門性をもつ人材を中心に、情報チャネルを駆使しながら広く投資機会を求め、かつ、かかる専門性を活用し競争力ある運用不動産の取得活動を展開します。

コアスポンサーから取得した物件の例

 

内部成長とは、既存物件において、管理の見直しや改築等を行うことで、賃料収入の安定化を目指す手法です。

運用資産の維持管理の向上において、実際に物件管理を行うプロパティマネジメント(PM)会社の役割はとても大きなものとなります。ジャパンエクセレント投資法人の保有物件の維持管理は、スポンサー系企業を中心としたPM会社が行っており、その豊富な受託実績から導き出されるノウハウは、中長期的に良好なテナント関係を構築し賃料収入の安定的成長を図る上で大きな力となっています。

 

JEI最新データ

保有物件数
31物件
資産規模
286,997百万円
平成29年2月16日 現在
月次稼働率
99.2%
平成29年3月31日 現在
copyright (c) 2009 Japan Excellent, Inc.