証券コード:8987

文字サイズ

環境への取組

本投資法人では、省エネ・節水・廃棄物排出低減のような「グリーンビル」的性能を備えた建物が持つ、「機会/可能性」を捉えることが、中長期的には投資法人の利益につながると考え、保有ポートフォリオの環境性能向上のために、以下のような取り組みを行っております。

環境目標と実績

本投資法人では認証取得物件以外も含むポートフォリオの100%についてデータ取得し、エネルギー消費量を減らすなどパフォーマンスを改善させるためにモニタリングを行っています。

目標

エネルギー消費原単位及びCO2排出原単位を、年平均1%、中長期的には2009年度をベースラインとして10年間で10%削減することを目標としています。

項目 ベース 期間 目標値
エネルギー消費 原単位 2009~2019 10%削減
CO2排出 原単位 2009~2019 10%削減

環境パフォーマンス

上記目標に対する実績は以下のとおりです(水使用量と廃棄物は実績値のみ)。

  2015 2016 2017
電力使用量
(MWh)
81,381 81,586 78,349
ガス使用量
(1,000m³)
2,099 2,066 1,898
CO2排出量
(t-CO2)
46,533 48,060 45,853
水使用量
(1,000m³)
426 439 447
廃棄物量
(t)
3,804 4,009 3,440

※2015年・・・2016年3月末時点で保有していた30物件の2015年4月~2016年3月の実績値
※2016年・・・2017年3月末時点で保有していた31物件の2016年4月~2017年3月の実績値
※2017年・・・2018年3月末時点で保有していた29物件の2017年4月~2018年3月の実績値

環境性能に関する各種認証の取得

認証取得については、サステナビリティ会議において「サステナビリティ全体取組計画」を作成し、当該年度に取得するグリーンビル認証を定めて計画的に取得を進めています。

既存物件への改修

また、環境性能向上や将来における認証取得のために、以下のような施策を実施しております。

省エネ改修

共用部照明器具の更新の際には、エネルギー削減効果を確認の上LEDを採用し、エネルギー消費量の削減を図っています。

節水改修

7物件において、ビル内の雑用水用途に再生水・雨水を利用しています。

グリーンボンド

直近ではグリーンボンドを発行し、認証付き物件取得・維持のために積極的に取り組んでおります。グリーンボンドにおいては一定以上のランクの物件のみを取得対象と定め、ポートフォリオ全体の環境認証ランクの向上も図っております。

グリーンボンドの詳細についてはこちらをご参照ください。

認証の取得状況

2019年3月末現在

     
  物件数 カバー率 賃貸可能面積(m²) カバー率
認証取得物件 合計 11 36.7% 207,713.20 61.0%
  DBJ Green Building 11 36.7% 190,543.10 61.0%
CASBEE不動産評価 1 3.3% 8,949.04 2.6%
優良特定地球温暖化対策事業所 1 3.3% 11,021.03 3.2%

※カバー率は保有物件全体の物件数ないし賃貸可能面積(底地は含まない)に対する割合
※共有物件の賃貸可能面積は建物全体の賃貸可能面積に共有持分を乗じて算定
※認証取得物件合計の数値は、複数の認証を取得している物件の重複は除いて算出

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証制度は、ビルの環境性能に加えて、防犯、防災、及び不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産(“Green Building”)の普及促進を目的に、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自に開発したスコアリングモデルにより評点化を行い、そのうえで時代の要請に応える優れた不動産を選定する制度です。
本投資法人では、以下の物件が認証を取得しています。

赤坂インターシティAIR
赤坂インターシティAIR
DBJ Green Building 2018

国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」
がなされた建物

赤坂インターシティAIRが評価された点

(1)縦型ルーバーによる日射遮蔽、ウインドキャッチ型の自然換気、中温冷水による空調システム、雨水・中水の再利用、太陽光発電やコジェネレーションシステムの排熱利用など、省エネ・省資源に優れた取り組みがなされている点
(2)最新スペックのオフィス環境に加え、オフィスラウンジやコンファレンス、託児施設やクリニック、大規模緑地など、オフィスワーカーや来街者、地域の人々を支える施設が充実している点
(3)中圧ガスと重油を燃料とするデュアル燃料方式の非常用発電機による最大200時間の電源供給や強固な制震工法を採用するなど、優れたBCP対策がなされている点
赤坂インターシティ
赤坂インターシティ
DBJ Green Building 2017

国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」
がなされた建物

赤坂インターシティが評価された点

(1)非常用発電設備の導入や帰宅困難者の受け入れ態勢の整備等、ビルそのものの災害耐性に加え、地域の防災拠点としての機能も有する点
(2)周辺環境の価値向上に貢献する取り組みがなされている点
(3) テナントに対するエネルギーの見える化や啓発活動の実施等、ステークホルダーとの省エネ意識の共有に積極的に取り組んでいる点
日石横浜ビル
日石横浜ビル
DBJ Green Building 2017

極めて優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

日石横浜ビルが評価された点

BEMS(注)の導入によりエネルギー効率の高いビル運営を行っているほか、多目的ホールやテナント向け利便施設などのアメニティが充実している点、ハイブリッド型制振装置やテナント用に予備電源を設置する等、積極的な防災対策を実施している点
マンサード代官山
マンサード代官山
DBJ Green Building 2018

極めて優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

マンサード代官山が評価された点

・Low-E複層ガラス、自動水栓、人感センサー等を積極的に採用することで、省エネルギーを推進している点
・共用部分に分別ごみ箱の設置、古紙等のリサイクル、ごみ計量器の設置による排出総量の管理など、省資源に配慮している点
・充分なオフィススペックを備えると共に、共用部の非常用発電機や、エレベーター内防災キャビネット、防災対応貯水槽の設置など、建物の防災性能に優れている点
浜離宮インターシティ
浜離宮インターシティ
オフィス部分 住居部分
DBJ Green Building 2016 DBJ Green Building 2016
極めて優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物
国内トップクラスの卓越した
「環境・社会への配慮」がなされた建物

浜離宮インターシティが評価された点

オフィス部分

・LED照明、Low-Eガラス、人感センサー付照明等、省エネ性能の高い設備の採用により、環境に配慮している点
・地震被災度判定システム、災害時に連続稼働が可能な非常用発電機、テナント向け予備電源スペース、防災対応貯水槽、制振ブレース等、建物の防災性が優れている点
・エレベーターの不停止連動システム、ICカードリーダーによる入退室管理等、高いセキュリティ性能を有する点

住居部分:スカイハウス浜離宮

・ディンプルキーによる二重施錠や、オートロック、モニター付インターホン、24時間警備体制の構築により入居者の安全・安心に配慮している点
・トランクルーム、フィットネススペース、貸切可能なラウンジ、コンシェルジュによる運営など、住民の利用可能な共用サービスが充実している点
・床暖房システムの採用、シューズインクローゼットの設置など、高い住戸スペックに加え、フロア毎にごみ置き場を設置するなど、入居者の快適性・利便性に資する各種設備が充実している点
大森ベルポートD館
大森ベルポートD館
DBJ Green Building 2017

非常に優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

大森ベルポートD館が評価された点

BEMS(注)の導入や共用部照明のLED化推進などの省エネ意識の高さに加え、アトリウムを中心とした各種イベント開催による地域コミュニティの形成に資する取り組みがなされている点
興和西新橋ビル
興和西新橋ビル
DBJ Green Building 2017

非常に優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

興和西新橋ビルが評価された点

被災度判定システムの導入や防災備蓄を完備するなど優れた防災対策を実施しているほか、敷地内緑化に積極的に取り組んでいる点
武蔵小杉タワープレス
武蔵小杉タワープレス
DBJ Green Building 2017

非常に優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

武蔵小杉タワープレスが評価された点

BEMS(注)の導入や水蓄熱システムの導入により、環境への優れた取り組みを行っているほか、テナント向け利便施設等のアメニティが充実している点
興和川崎東口ビル
興和川崎東口ビル
DBJ Green Building 2017

非常に優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

興和川崎東口ビルが評価された点

テナント向けの利便施設などのアメニティが充実しているほか、 テナント用に予備電源を設置する等、積極的な防災対策を実施している点
興和川崎西口ビル
興和川崎西口ビル
DBJ Green Building 2017

非常に優れた「環境・社会への配慮」
がなされた建物

興和川崎西口ビルが評価された点

間口の広いエントランスに来客用の談話スペースを設置してビル利用者の利便性を高めているほか、敷地内の緑化に積極的に取り組んでいる点
芝二丁目ビルディング
芝二丁目ビルディング
DBJ Green Building 2018

優れた
「環境・社会への配慮」がなされた建物

芝二丁目ビルディングが評価された点

・共用部でのLED照明の採用や、人感センサー付き照明の採用など、省エネ性能の高い設備の導入を通して環境に配慮している点
・ゴミの分別・リサイクル回収等、省エネ・省資源を推進している点

(注)Building Energy Management Systemの略。ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステムのこと。

CASBEE不動産マーケット普及版評価認証

CASBEE不動産マーケット普及版評価認証

CASBEEは、国土交通省主導の下、環境性能が高く、良好にマネジメントされている環境価値の高い不動産を適正に認識・評価することを目的に創設された制度です。
本投資法人では、以下の物件が認証を取得しています。

興和西新橋ビル
興和西新橋ビル

Aランク

優良特定地球温暖化対策事業所

優良特定地球温暖化対策事業所とは、大規模事業所について、CO2削減推進体制の整備、建物・設備の性能、事業所・設備の運用管理について審査を行い、東京都知事が定める基準に適合する場合に、地球温暖化対策の推進の程度が特に優れた事業所として、東京都が認定する事業所をいいます。認定された事業所は対策推進の程度に応じて特定温室効果ガスの排出総量削減義務率の緩和を受けることができます。
本投資法人の保有する物件では、赤坂インターシティが「準トップレベル事業所」として認定されており、削減義務率が4分の3に軽減されます。

赤坂インターシティ
赤坂インターシティ

赤坂インターシティが評価された点

(1)CO2削減推進体制の整備状況
  • CO2排出削減を行うためテナント及び管理会社との推進体制の整備
(2)建物・設備性能(省エネルギー性能等)
  • テラコッタの日射遮蔽ルーバーと高性能遮熱断熱(Low-e)ガラスの採用
  • 高効率照明及び明るさセンサーによる自動調光システムの導入
  • 空調システムと連動した外気冷房システム、及び自然換気システムの導入
  • 地域冷暖房施設と連携した天然ガスコジェネレーションシステムの導入
(3)設備の運用管理(熱源・熱搬送設備)
  • ビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)活用によるエネルギー管理

テナントやプロパティ・マネジメント(PM)会社との協働

グリーンリースの推進

本投資法人では新規に契約する賃貸借契約には、原則としてグリーンリース条項を定め、テナントと協働して環境負荷の低減に取り組んでいます。グリーンリース条項には、環境パフォーマンスの向上に協働して取り組むこと、エネルギー消費量データの共有、改修工事における環境配慮等について定めています。

グリーンリース締結割合:98.7%

※2016年4月以降に新規に契約した賃貸借契約にグリーンリース条項を含む割合(除く住宅)(2018年12月時点)

PM会社との連携

PM会社選定の際には、サステナビリティに関する取組み調査を行い、投資法人のサステナビリティ方針等についての説明を行った上で、協力への合意を取り付けております。また、年次でも同内容について調査を行うことで、PM会社の遵守をモニタリングしています。

グリーンビルディングに関する社員教育

本投資法人では、運用を担当する社員のサステナビリティ意識向上のために、年1回全正社員を対象として、「サステナビリティ研修」を実施し、ビル運営における環境性能向上のための知識向上に努めています。

研修参加割合についてはこちらをご参照ください。

都市再生・開発

スポンサーの日鉄興和不動産では、都市の大規模都市開発や地域再生事業に従事しており、緑あふれる都市空間を提供しています。本投資法人は赤坂エリア開発プロジェクトで建設された赤坂インターシティAIRを取得するなど、スポンサーと協働することにより、都市の再開発・活性化に貢献しています。

詳細についてはこちらのリンクをご覧ください 。
日鉄興和不動産 環境への取り組み

http://www.nskre.co.jp/csr/environment/

赤坂インターシティAIR 開発コンセプト

http://www.nskre.co.jp/air/concept.html

JEI最新データ

保有物件数
31物件
資産規模
273,587百万円
2018年12月31日 現在
月次稼働率
99.5%
2019年2月28日 現在
copyright (c) 2009 Japan Excellent, Inc.