証券コード:8987

文字サイズ

ガバナンスへの取組

ガバナンスへの取組

投資法人の機関

本投資法人の執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(但し、執行役員の数に1を加えた数以上とします)とされています。
現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監督役員3名並びに執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人より構成されています。また、本投資法人の監督役員には弁護士1名、公認会計士1名及び不動産鑑定士1名が選任されており、各監督役員はそれぞれの専門的見地から執行役員の業務執行状況を監督しています。

以下の詳細については、「有価証券報告書」における「1 投資法人の概況(4)投資法人の機構 ①投資法人の統治に関する事項」をご参照ください。
・投資法人の機関の内容(投資主総会・執行役員、監督役員及び役員会・会計監査人)
・内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続
・内部管理、監督役員による監督及び会計監査との相互連携
・投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

管理報酬等

役員報酬

本投資法人の執行役員及び監督役員の報酬の支払基準は規約により次のとおり定められており変更には投資主総会の決議を要します。
・執行役員の報酬は、1 人当たり月額70 万円を上限として役員会で決定する金額
・監督役員の報酬は、1 人当たり月額70 万円を上限として役員会で決定する金額

会計監査人報酬

本投資法人の会計監査人に対する報酬の支払基準は規約により次のとおり定められており変更には投資主総会の決議を要します。
・1営業期間につき2,000万円を上限として役員会が定める金額

以下の詳細については、「有価証券報告書」における「4【手数料等及び税金】」をご参照ください。
•資産運用会社への支払報酬
•一般事務受託者への支払報酬
•資産保管会社への支払報酬

役員の選任基準

役員の候補者は、投信法等に定める欠格事由に該当せず本投資法人との間に特別の利害関係にないことに加え、下記の理由により選定されています。なお、本投資法人の役員は投資主総会の決議により選任されます。

役職名 氏名 選任理由
執行役員 小川 秀彦 金融業及び不動産業に関する知識と経験等を踏まえた幅広い見地から経営を行うことが期待されること。
監督役員 長濱 毅 法律の専門家としての知識と経験等を踏まえた幅広い見地から経営の監督を行うことが期待されること。
監督役員 前川 俊一 不動産の専門家としての知識と経験等を踏まえた幅広い見地から経営の監督を行うことが期待されること。
監督役員 高木 英治 会計の専門家としての知識と経験等を踏まえた幅広い見地から経営の監督を行うことが期待されること。

インサイダー取引の防止

本投資法人は、内部者取引管理規程を定めて、役員によるインサイダー取引ないしそれに類似する行為の未然防止に努めています。

投資法人の運用体制

本投資法人の資産運用は、資産運用会社であるジャパンエクセレントアセットマネジメント株会社に委託されています。資産運用会社の組織は以下の通りです。
(組織図)

GRESB

資産運用会社の組織の詳細については、「有価証券報告書」における「1 投資法人の概況(4)投資法人の機構 ②投資法人の運用体制」をご参照ください。

内部監査体制

資産運用会社では、「内部監査規程」に基づき、コンプライアンス・オフィサーを責任者とする内部監査を1営業年度に1回以上実施します。コンプライアンス・オフィサーは監査結果を取締役会に報告します。コンプライアンス・オフィサーが改善勧告を行った場合には、監査対象部は改善計画を作成し、改善状況はコンプライアンス・オフィサーから取締役会に報告されます。

JEI最新データ

保有物件数
29物件
資産規模
270,047百万円
平成29年12月31日 現在
月次稼働率
99.1%
平成30年3月31日 現在
copyright (c) 2009 Japan Excellent, Inc.